獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » はぐれ獣医皮膚論文翻訳 ≪バックナンバー≫

はぐれ獣医の皮膚病研究所

はぐれ獣医皮膚論文翻訳 ≪バックナンバー≫

            はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/


【2010/12/1】 
EFF1001の効果を評価するためのランダム化二重盲検プラセボコントロール試験
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000644&CatgM=10

【2010/11/25】 
犬の皮膚へのグルクロン酸クロルヘキシジンの効果-治療調査と臨床試験
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000643&CatgM=10

【2010/11/8】 
健常に対するアトピー性皮膚炎の犬の非病変部の皮膚におけるセラミドの性質決定と定量化
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000640&CatgM=10

【2010/10/16】 
DLEとMCPにおいて、組織病理学的兆候と治療に対する反応を比較する回顧的研究
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000639&CatgM=10

【2010/9/30】 
アトピー性皮膚炎の患者における皮膚バリアに対するピメクロリムスとベタメタゾンの異なる効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000636&CatgM=10

【2010/9/18】 
ABCB1-1デルタ遺伝子型の全身性毛包虫症に対してミルベマイシンオキシムで治療における副作用
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000635&CatgM=10

【2010/9/2】 
犬のアトピー性皮膚炎の管理における0.0584%のヒドロコルチゾンアセポネートスプレーの効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000632&CatgM=10

【2010/8/20】 
花粉に対する子供のアレルギーにおける超急速法による高用量
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000631&CatgM=10

【2010/8/3】 
アレルゲン特異的免疫療法を受けた皮膚炎の犬のコナヒョウヒダニ特異的IgGの反応
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000628&CatgM=10

【2010/7/15】 
組織学的に表在性壊死溶解性皮膚炎と確定診断した36頭の犬の血漿アミノ酸濃度
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000627&CatgM=10

【2010/6/30】 
多抗原に過敏症があるアトピー性皮膚炎の犬におけるコナヒョウヒダニ特異的免疫療法
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000624&CatgM=10

【2010/6/16】 
犬の無菌性化膿性肉芽腫/肉芽腫症候群の治療としてのテトラサイクリンとナイアシンアミド
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000623&CatgM=10

【2010/6/2】 
皮膚無菌性肉芽腫/化膿性肉芽腫、リーシュマニア症そしてマイコバクテリア感染
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000620&CatgM=10

【2010/5/19】 
コナヒョウヒダニ特異的免疫療法:ランダム化2重盲検プラセボコントロール試験
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000619&CatgM=10

【2010/5/5】 
スペイン、ガリシア地方における犬のアトピー性皮膚炎のハウスダストと貯蔵ダニの重要性
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000616&CatgM=10

【2010/4/28】 
アトピーの犬の角質層バリアにおける表皮脂質製剤の局所投与の効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000615&CatgM=10

【2010/4/2】 
犬の血清中のアレルゲン特異的IgG抗体の血清濃度における免疫療法の効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000612&CatgM=10

【2010/3/21】 
犬の調節性T細胞集団、血清IL-10そしてアレルゲン特異的IgE濃度の定量
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000611&CatgM=10

【2010/3/1】 
犬の皮内反応におけるアレルゲンの閾値濃度の決定と2つの異なるヒスタミン濃度の評価
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000573&CatgM=10

【2009/2/23】 
IgE介在性食物過敏症疾患
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000572&CatgM=10

【2010/1/6】 
犬のアトピー性皮膚炎の管理における必須脂肪酸が豊富な食事の効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000571&CatgM=10

【2009/12/11】 
アトピー性皮膚炎の治療・予防のプロバイオティクス:ランダム化コントロール試験調査
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000557&CatgM=10

【2009/12/5】 
低用量メトトレキサート療法は遅発性アトピー性皮膚炎と特発性湿疹に効果がある
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000556&CatgM=10

【2009/11/2】 
脂肪細胞における低分子型に変換したオリゴノールの抗酸化効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000543&CatgM=10

【2009/10/22】 
猫の皮膚糸状菌症における併用連続/パルス治療としてのイトラコナゾールの効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000542&CatgM=10

【2009/10/3】 
雄犬における経口投与したリコピンの薬物動態と組織への分布
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000517&CatgM=10

【2009/9/10】 
アトピー性皮膚炎乳児における皮膚上空気アレルゲン感作-表皮バリア障害の役割
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000516&CatgM=10

【2009/8/29】 
アトピー性皮膚炎あるいは実験的に日本スギ花粉に感作させた犬の末梢CD4細胞におけるCCR4陽性細胞の増加
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000515&CatgM=10

【2009/8/17】 
花粉免疫療法:IL-10誘導と遅延反応の抑制はIgG4抑制性抗体活性に先行する
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000514&CatgM=10

【2009/3/30】 
スギ花粉症を伴う犬においてトマトで口腔アレルギー症候群が誘発された
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000456&CatgM=10

【2009/3/11】 
トシル酸スプラタストによる四季を通じて続く鼻アレルギーの患者のTh2経路抑制
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000455&CatgM=10

【2009/2/24】 
アトピー性皮膚炎の治療における抗ヒスタミン剤:171頭による回顧的研究(1992-1998).
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000442&CatgM=10

【2009/2/4】 
1歳までの犬及び猫の暴露と6〜7歳でのアレルギー感作のリスク
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000441&CatgM=10

【2009/1/28】 
猫を洗う異なったテクニックの評価:猫から除去したアレルゲンの定量と空気中のFel d1の影響
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000428&CatgM=10

【2009/1/16】 
アトピー性皮膚炎と非アトピー性皮膚炎の犬における血清総IgG1濃度の検査
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000427&CatgM=10

【2008/12/29】 
アトピー性皮膚炎乳児における皮膚上空気アレルゲン感作-表皮バリア障害の役割
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000419&CatgM=10

【2008/12/12】 
アトピー性皮膚炎あるいは実験的に日本スギ花粉に感作させた犬の末梢CD4細胞におけるCCR4陽性細胞の増加
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000418&CatgM=10

【2008/11/30】 
犬アトピー性皮膚病変におけるCCケモカイン受容体4(CCR4)mRNAの発現
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000388&CatgM=10

【2008/11/19】 
アトピー性皮膚炎の犬における遺伝子組み換え型犬インターフェロン-γの無作為比較臨床試験
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000387&CatgM=10

【2008/11/03】 
根拠に基づいた獣医皮膚科学:犬のアトピー性皮膚炎の薬物療法に関する系統的な検討
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000377&CatgM=10

【2008/10/29】 
犬のアトピー性皮膚炎の治療におけるシクロスポリンの長期使用
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000376&CatgM=10

【2008/10/01】 
ラム肉、牛肉、牛乳に対する犬の皮膚食物有害反応の原因となるアレルゲンの確認
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000365&CatgM=10

【2008/09/23】 
63頭の痒みを伴う犬にける市販のチキン加水分解食によるダイエットトライアル
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000364&CatgM=10

【2008/09/01】 
犬の組織球性腫瘍:概要
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000348&CatgM=10

【2008/08/20】 
犬の円板状エリテマトーデスと紅斑性天疱瘡の治療における局所0.1%タクロリムス
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000347&CatgM=10

【2008/08/02】 
Alopecia Xの組織病理学
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000344&CatgM=10

【2008/07/17】 
犬の若年性フレグモーネに対するグリセオフルビンの効果
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000343&CatgM=10

【2008/07/02】 
犬の非炎症性脱毛;何が新しくて、何が古い
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000336&CatgM=10


【2008/06/14】 
2頭の猫における慢性の肉球出血を伴う形質細胞性足皮膚炎
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000335&CatgM=10


【2008/06/01】 
メラトニンとミトタンによる治療前と治療中、毛周期の停止した犬の副腎ステロイドホルモン濃度
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000330&CatgM=10


【2008/05/30】 
脱毛を伴う犬における性ホルモンとステロイドホルモン中間介在物の回顧的評価
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000329&CatgM=10


【2008/05/13】 
犬のBlack hair follicular dysplasia: 透過型電子顕微鏡検査を使用した超構造的研究
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000317&CatgM=10


【2008/05/07】 
猫の座瘡の臨床的、細胞学的、感染性そして組織病理学的兆候の評価
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000316&CatgM=10 


【2008/05/01】 
猫の形質細胞性足皮膚炎:8症例の研究
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000299&CatgM=10


【2008/04/23】 
メラトニンの経口投与による成犬の性ホルモン、プロラクチンそして甲状腺ホルモン濃度への影響
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000298&CatgM=10


【2008/04/15】 
掻痒症の犬の食物有害反応診断における家庭食と鶏肉加水分解食を使った症例
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000273&CatgM=10


【2008/04/08】 
毛サイクル停止のポメラニアンへのメラトニン補完に対するエストロジェン受容体の評価
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000272&CatgM=10


【2008/04/03】 
犬の緑膿菌感染で引き起こった膿皮症:20症例
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000271&CatgM=10


【2008/03/28】 
皮膚疾患における皮膚バリア機能の障害と加湿による修復
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000270&CatgM=10


【2008/03/25】
犬ニキビダニ症の診断で皮毛引き抜きおよび滲出物顕微鏡検査の相対感度
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000231&CatgM=10


【2008/03/21】 
猫の皮膚疾患治療における経口シクロスポリンの使用:23症例の回顧的分析
⇒ http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000230&CatgM=10

            はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/