獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » どんな首輪を選べばいい? 【飼い方】

飼い方

どんな首輪を選べばいい? 【飼い方】

愛犬との生活で必要なペット用品はたくさんありますよね。
お散歩デビューの時、色々なお散歩道具があって迷ってしまうこともあったのではないでしょうか?
 
今回は、しつけの観点から様々な種類のある首輪の利点と欠点をお話しします。



★首輪とハーネス(胴輪)の違い★
  
首輪とは、その名の通り犬の首にはめる輪になります。様々な色や形がありますので、自分の犬に合ったものを選ぶことができ、自分の犬を識別することも出来ます。また、首輪をしている犬は飼い主さんがいると判断でき、野良犬との区別に用いられる場合があります。
 
ハーネス(胴輪)とは、もともとソリー犬など引っ張っても無理のないように作られた道具です。

ハーネス
首輪

首輪やハーネスには上の写真以外にも様々な形があります。
首輪の場合、布製や革製のもの、単純におしゃれ感覚のものもあります。ハーネスも様々な形状や材質があり、胸のところでバッテンになっているものや、洋服タイプになっているものなどがあります。
では、首輪やハーネスの利点と欠点についてお話しします。


★首輪の利点・欠点★
 
首輪は、指が2本入るくらいに調節して常に犬の耳の後ろあたりにあるようにしておくと、お散歩時など、飼い主さんのシグナル(リードを引き戻す等)が犬に伝わりやすくなります。
 
ただし、グイグイ引っ張ってしまう犬の場合は、常にリードが張った状態になり首に負担がかかってしまいます。
その場合は横について歩かせるようなトレーニングを行い、首に負担がかからないようにしましょう。


★ハーネスの利点・欠点★
 
引っ張る犬の場合、ハーネスの方が犬のかかる負担は少なくなりますが、飼い主さんのシグナル(リードを引き戻す等)は伝わりにくくなるので、しつけには向いていません。
 
ただし、気管支炎や呼吸器系に問題のある犬はハーネスにした方がいいでしょう。


★ジェントルリーダーとは?★

ジェントルリーダーとは、犬のマズルを押さえて頭部をコントロールするトレーニング用の首輪です。引っ張ったり、飛びついたりなど問題行動がある犬には、力がいらないので女性でも簡単に扱えるものです。
ですが、引き方を間違えると犬の首を痛めてしまうこともあり、正しくつけないと擦り傷ができたり毛が抜けたりしてしまいます。
 

★チョークチェーンとは?★
 
チョークチェーンもジェントルリーダーと同様、引っ張り防止に効果のある首輪です。
 
ただし使い方が難しく、間違えると犬の首がしまったままになって・気管の破裂・咽頭周辺の裂傷・頸部の外傷や圧迫による神経筋の異常・中枢神経系への血液供給の減少が引き金となるテンカン症状などになってしまう可能性があります。
ですので、このチョークチェーンを使用するときは常にリードをたるませるようにし、ずっと引っ張った状態にしないようにしなければなりません。必ずプロの指導のもとに使用するようにしましょう。


★散歩の仕方について★
 
犬に飼い主さんの指示を明確に伝え、不慮の事故等を未然に防ぐために、まずはリードを正しく持つことが重要です。最終的に飼い主さんの側におり、リードは常にたるんでいる状態が理想となります。

犬に飼い主さんの側で歩いていると良いことがあるということを教えながらお散歩しましょう。

愛犬とのお散歩はほぼ毎日行なわれますよね?
お散歩は、飼い主さんと犬との重要なコミュニケーションの時間であり、多くの犬にとって最も楽しい時間でもあります。犬にとってはもちろん、飼い主さんにとっても楽しく、そしてラクなお散歩となるよう、適切な道具を使用してトレーニングを行ないましょう。