獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 【愛犬・愛猫の健康相談室】 現役獣医師に寄せられた質問Q&A

健康相談室

【愛犬・愛猫の健康相談室】 現役獣医師に寄せられた質問Q&A

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/


Q.飼主様:

我家にいる シーズー(オス・今年の10月で2歳・去勢してない)のことで相談させてください。

手足をぺろぺろなめていることが多く 手足の皮膚が赤くなっていました。
右耳も外耳炎を発症して病院に連れていったところアレルギーからくる皮膚炎でしょうと言われました。

まずここで一つ質問なのですが、手足が赤い・外耳炎も起こしてるのですぐにアレルギーいう判断が出るものなのでしょうか?なんの検査もしませんでした。

何にアレルギー反応を起こしてるのか 血液検査でだいたいの特定ができるそうですが費用が2万円と言われ、まだしてません。

食べ物からアレルギー反応を起こしてるのか とりあえずフードを変えてみましょう、ということで処方食をすすめられ、今はそのドックフードのみしか与えていません。

フードを変えてからまだ1ヶ月ですが 手足の赤みはひどくも良くもなってない気がします。
耳も掃除を少し怠ると すぐに赤くなってしまいます・・・。

ここで二つめの質問なのですが、アレルギー反応を特定する血液検査はどのくらい有効があるのでしょうか?
高い費用をかけてもするべきかしないべきか、悩んでおります。。。



A.先生:

シーズーはアレルギーを起こしやすい犬トップ3に入るほどアレルギーを起こしやすい犬種と言われています。
手足をなめることは特にアレルギーからと限定されるものではありません。
暇な時や退屈な時などに、身近な遊びアイテムである手足をターゲットにして舐める子はアレルギーを持っている子でなくてもたくさんいます。
そして、『舐める→その部がぐちゃぐちゃになる→蒸れる→ただれる→皮膚炎を起こす→気になる→さらに舐める・・・』と悪循環になることもあります。

人間が爪を噛む癖があるように、ワンちゃんでも気になることは癖として残ってしまうことも多いのです。
そして外耳炎においても、一言で「アレルギーからくるもの」とは言えず、どの子にでも起こる可能性はあります。
しかし、アレルギーを持っているこの方が比較的なりやすいのは確かです。例えば外耳炎が治療で一旦治ったけれどすぐに再発してしまったとか、なかなか治らないなどの問題があるのなら、それはアレルギーからきているものとも考えられます。もちろん、外耳炎の治療がしっかり出来ていることが大前提ですが・・・。

アレルギーを疑いフードを変えることは大変よいことだと思いますが、与え始めてから2〜3ヶ月しないとそのフードに反応を示さないことも多いので、根気よくもうしばらくは同じフードのみを与え続けてみてくださいね!

また、アレルギーの検査は基本的に一般病院ではむずかしく、もしその原因(アレルゲン)を特定したいのなら、飼主様のおっしゃるような2万円ほどかかるアレルゲンを調べる検査をすることが一般的です。
ちなみにうちの子もアレルギー持ちなので調べたことがあるんですよ。そして2万円もかけてやるのであればその効果を期待したいのは当然のことです。

はっきり言ってしまうとその検査をすることで皮膚炎がなくなった、と言える子はそんなにはいません(私の経験からですが・・・)。しかし、その子特有のアレルゲンが結果としてわかるので、どの食べ物は食べてはいけないとか散歩中にこの草木があるところは通ってはいけないなど、飼い主さんの気持ち的にも少しでもアレルギーを起こしやすい環境から回避することができます。もちろんそれは皮膚炎の状態をよくするできる1つの方法でもあるのです。

たった一つのアレルゲンが原因で皮膚炎を起こしているのであれば、それをなくすことでその後アレルギーを起こさなくなる可能性はありますが、基本的に体質としてアレルギーを持っている子は生活環境のどのものからもアレルギー反応を起こしやすい状態にあるので、無数のアレルゲンから逃れることは難しいといえるでしょう。ならば検査をしてわかったアレルゲンからだけでも逃れてあげて、少しでも症状を改善させてあげるのもいいことだは思いますよ。

長々と書いてしまいましたが、よく「アレルギーの子にもっとも必要なのは飼い主さんの根気!」と言われるほど、アレルギーは状態が改善していくのに時間がかかる病気です。
完全にアレルギーと診断されたわけではないかもしれませんが、その子のために飼い主さんがしてあげられることをがんばってみてください!


愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/