獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 歯磨きに慣れてもらおう!【飼い方】

飼い方

歯磨きに慣れてもらおう!【飼い方】

えっ?犬や猫も歯磨きが必要なの?歯磨きをしないとどうなるのでしょうか?ドライフードを食べていても歯磨きはしたほうがいい?上手な歯磨きの仕方を勉強してみよう。


★歯磨きはなぜ必要なの?★

ワンちゃんの歯は基本的に虫歯になりにくい性質があるので、虫歯予防の目的で歯磨きをするわけではありません。しかし歯磨きをしないことで歯石がつきやすく、歯の周辺に起こる病気、歯周病になりやすいのです。
歯周病は、バイ菌が歯根に入り込み化膿することを指します。歯周病を放っておくと歯茎が腐り、最後には歯が抜けてしまいます。歯周病になってしまうと口内の匂いもひどくなり、飼い主さんも大変な思いをしてしまいます。
最悪、食事もとれなくなってしまう場合もあるので、子犬の時からしっかりと歯磨きをしてあげることで習慣づけ、予防をしてあげる必要があるのです。


★歯のケアをしないと、どうなるの?★

では実際に歯のケアをしないと、どのような問題が出てくるのでしょうか。愛犬の口の中を、チェックしてみましょう。
・口の臭いがくさい。
・歯の色が黄色い、または茶色っぽい。
・歯石が溜まっている。
・歯茎が赤く腫れている
・歯がグラグラしている。または、歯が抜けた。
・季節関係なく、ヨダレが多く出ている。
・ご飯をぽろぽろこぼしている。または、食べるのが遅くなった。
・硬いものを噛まなくなった。
・口の中が出血している。
・口をあけたがらない。

以上に挙げた症状が一つでもあれば、一度、動物病院での歯の検診をうけたほうが良いでしょう。毎日の歯のケアが予防につながるので、歯のケアの一つである歯磨きが大切になるのです。


★まずは触れられることに慣れましょう★

飼い主さんとの信頼関係ができていないと、ワンちゃんは口の周りを触られるのを嫌がります。初めての子は、飼い主さんが口の周りを触り、慣れることから始めましょう。やさしく唇をめくって、指でなぞるように触ってあげましょう。
もし触ってワンちゃんが嫌がるようなら、無理にしないで何日もかけて慣らしてあげましょう。無理に歯磨きをすると、歯磨きは嫌な事だと思ってしまいます。ゆっくり、やさしくしてあげましょう。


★歯磨きの仕方★

1、まず歯ブラシを用意します。初めてのワンちゃんはガーゼを指にまいて歯ブラシの代わりにしてください。

2、まずは前歯の外側を磨きます。

3、慣れてきたら前歯から奥歯へゆっくり移動して磨いてください。

4、反対側の手で頭が動かないように持ってあげ、歯と歯茎の間にあて円を描くようにマッサージしてあげてください。歯石をこすり落とすようにするといいでしょう。

5、歯磨きが終わったら、よく褒めてあげてください。(大事!)


★歯のケアのアドバイス★

歯磨きをするタイミングは特にありませんが、人間と同じように食後に歯磨きをしてあげるのが一番の理想といえるでしょう。食後に歯磨きをする時間がないという飼い主さんは、寝る前などの落ち着いた時間が、歯のケアをするのに良いタイミングといえるでしょう。
毎日は歯磨きできない飼い主さんは、おやつなどで歯のケアをしてあげるだけでも違うので、歯磨き効果のあるガムやおもちゃ(ロープ)などの商品も出ているので活用しましょう。日頃から色んな形で予防をしてあげる事をお勧めいたします。


★おわりに★

人間もワンちゃんも食事をとる役目のほか、歯はとても大事なものです。
ワンちゃんは人間と違って自分で歯を磨くことができないので、飼い主さんが愛犬の歯のケアをしてあげる必要があります。毎日の歯磨きは大変だとは思いますが、愛犬の口の中をいつも清潔に保ってあげられるようにしてあげましょう。
一番大事なことは、飼い主さんもワンちゃんも元気に過ごせる毎日になることです。

そのためには無理をせず楽しく歯のケアをし、健康で丈夫な歯を持ち、美味しくご飯を食べることだと言えるでしょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック 歯 ケア お手入れ 歯石 口臭 歯槽膿漏 歯周病 しつけ 行動 マナー ペット 犬 イヌ 猫 ネコ