獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 愛犬のお手入れ 〜グルーミングのポイント〜【飼い方】

飼い方

愛犬のお手入れ 〜グルーミングのポイント〜【飼い方】

グルーミングについて知っておきたい。どうして必要なの?どんな器具が必要なの?グルーミングのポイントなどについてお話したいと思います。


★なぜ必要性なの?★

グルーミングは、清潔、健康維持、美しさを目的としています。また常にグルーミングをすることで身体に触れることになるので、細かな変化に気づくことが出来、皮膚病等の早期発見にもつながります。また、触れることで愛犬との信頼関係を深める効果があります。


★毎日ブラッシングをしましょう★

被毛を美しく保つにはブラッシングはかかせません。ブラッシングは汚れを取るとともに、毛が絡みあって毛玉が出来るのを防ぎます。毛玉ができるとその部分がムレてしまい、ムレによって湿った状態が続くと皮膚病などにかかりやすくなってしまいます。


★ブラッシングのコツ★

<長毛の場合>
長毛ならピンブラシを使い、細かくやさしくブラシを通してあげて、特にもつれやすい脇や内股などはしっかりととかしましょう。毛のもつれでブラシが引っかかる場合は、無理に引っ張らずにいったん離してブラシを入れ直しましょう。


<短毛の場合>
短毛犬やピンブラシではとけない毛もつれ等には、スリッカーブラシを使います。ブラシを軽く握りピンの面を犬の皮膚に対し平行になるようにし、力を入れずに使用しましょう。力が強かったりブラシに角度をつけて使用するとピンが皮膚に刺さったり傷をつけることになるので注意しましょう。


<スムース・コートの場合>
スムース・コートの場合はゴム製のラバーブラシなどを使い、毛並みにそってマッサージするように使用します。 短毛だからといって毛が抜けないという事はありません。ブラッシングしてあげることで毛の抜けるのを促進し、艶のある被毛をつくることができます。


★足周りのお手入れをしましょう★

伸びすぎた爪は、何かに引っかかって折れたり、抜けてしまったりすることがあります。ケガの防止と家具やフローリング等のキズの防止にもなるので、爪切りは定期的に行いましょう。
爪の赤く見える部分には血管が通っています。そこから2〜3ミリを残した位置まで少しずつ丸く切るようにします。赤い部分まで切ると出血してしまうので注意しましょう。黒い爪の場合は外からは血管が見えないので、爪が伸びてカール(わん曲)してきている部分を目安に切ってあげると良いでしょう。狼爪(人間の親指の爪あたるもの)は、足の内側にあります。
毛が長いと、狼爪に気が付かずに伸ばしてしまい、巻かれて伸びた爪が刺さり、皮膚を傷めることも多いので忘れずに切ってあげましょう。


★耳掃除をしましょう★

耳のむだ毛のある場合は、イヤーパウダーを塗り指や鉗子で摘んで抜きます。
コットンを巻いた鉗子や綿棒にイヤークリーナーを染みこませます。耳をめくって中が見えるようにし、やさしくまわしながら、耳の中全体の汚れをかきだすようにして、きれいに拭き取ります。


★肛門腺絞りをしましょう★

犬は肛門の両側に肛門腺を2つ持っています。そこには嫌な臭いの液体が貯留されています。
通常、排便時に糞と一緒に排泄されますが、自ら排出することができなかったり、貯留しすぎると膨らんだ腺は破裂してしまう場合がある為、人間の手によって絞り出す必要があります。液体が出てこなかったり、腺が非常に膨らんだり、明らかに炎症を起こしている場合は、獣医師に相談することをお勧めします。

肛門下の両側の丸いものに触れられたならば、親指と人指し指で絞り上げるように圧迫します。飛び散る場合があるのでティッシュ等で肛門を覆うと良いでしょう。


毎日のお手入れであるグルーミングは、愛犬への愛情の証だといえます。かわいい愛犬が幸せに暮らしていけるために、日々の生活の一部としてグルーミングを取り入れましょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック トリミング お手入れ 肛門腺 シャンプー 爪きり グルーミング しつけ 行動 マナー ペット 犬 イヌ 猫 ネコ