獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » おうちでシャンプーしてみよう!〜上手なシャンプー法、これがチェックポイント!〜【使い方】

飼い方

おうちでシャンプーしてみよう!〜上手なシャンプー法、これがチェックポイント!〜【使い方】

自分ではシャンプーがちょっと恐くて全てサロンに任せているという飼い主さんの不安や疑問、基本的なシャンプーの方法を、少しでもお答え出来ればと思います。


★犬のシャンプーとは、そもそも必要ですか?★

シャンプーは皮膚のターンオーバー(表皮の新陳代謝)で起こるフケを取り除き、かゆみを抑えます。余分な皮脂や細菌を取り除くので、大切なスキンケアの一つだといえます。
さらにスキンケアとして、保湿をするといいでしょう。


★上手なシャンプーの仕方★

<リラックスさせる>
まずは、名前を呼びかけて飼い主さんが近くにいることを認識させて緊張をほぐしましょう。シャンプーが好きなワンちゃんも少なくないでしょうが、シャンプーは一緒に暮らしている限り必要なものなので、嫌いにならないようにしてあげましょう。

<毛玉をほぐず>
では、毛玉をほぐしていきましょう。毛玉ができていたら、この時点できちんとほぐすことが大切です。なぜなら水を含むと毛玉はさらに硬くなり、毛がマット(フエルト)状態に固まると、ブラシでとかすことが出来なくなります。
全体がマット状になったときには毛を丸刈りにしなければならない事もありますので、ここでの手抜きは禁物です。皮膚を傷つけないように、毛にブラシをあてるようにしましょう。

<身体の状態をみる>
お湯をかける前に、身体の傷や皮膚の状態などのチェックをしっかりしましょう。身体に傷があったり、皮膚に炎症などの異常がある場合はシャンプーを控えるか、相応しいシャンプーを選ぶ必要があります。もちろん、体調が優れないときにもシャンプーを無理にする必要はありません。

<お湯をかける>
シャワーの音や刺激を怖がる子は、シャワーヘッドを体に密着させるようにあて、驚かないよう尻尾の方からシャワーで体をぬらしていきます。適温は体温に近い約38度です。必ず、水ではなくお湯をかけましょう。急に水をかけるとびっくりして、シャワーが嫌いになってしまうかもしれません。

<洗う>
同時に肛門腺(お尻の穴の斜め下あたり)を絞り洗いながしましょう。ここはデリケートな部分なので、嫌がるようなら無理をしないようにしましょう。
後部から頭に向って洗います。四肢や、腹部は汚れが多いので、しっかり洗いましょう。ただ、足先を嫌がる子には、無理せず、指の間にシャンプー液を入れ足を軽く握る(揉む)ように洗いましょう。とにかく、ワンちゃんが不快に感じないよう、力の加減をして行ってください。
さらに、目頭や口の周りを洗っていきます。涙やよだれなどで汚れやすく、でも清潔にしておきたいところなので、しっかり洗いましょう。顔に水がかかるのを嫌がる子は、スポンジなどを使って洗ってあげてください。

<すすぐ>
顔からすすいでいきます。シャンプー同様、水を嫌がる子はスポンジを使ってあげてください。すすぎ残しは、皮膚炎の素になってしまうので、しっかり流しましょう。
もし爪を切るなら、お風呂上りが柔らかくなっているのでおすすめです。


★リンスも使った方がいいですか?★

リンスやコンディショナーはシャンプー後の被毛を整えてくれるので、是非お使いください。なぜ被毛を整えるのかを簡単に説明します。
被毛は(−)の電気を持っているので、(+)の電気を持った汚れが付着します。シャンプーによって(+)の汚れが除去されるので、被毛の表面は(−)に帯電し、電気的な反発を起こしパサつきます。
リンスには、カチオンという(+)の電気を持った成分が入っているので、被毛同士の反発を防ぐ事により、被毛がしなやかになります。


★すぐに乾かす方法はありますか?★

シャンプーの時にしっかり洗う事が大切です。なぜなら皮脂が残っているとなかなか乾きません。すすぎも同様で、シャンプー剤が残っていると乾きません。何度も言いますが、すすぎ残しは皮膚炎の原因になるのでしっかりすすぎましょう。
そしてタオルドライを入念に行ってください。ドライヤーの風を当てながらタオルで毛を逆立てながら拭き、その後スリッカ−を使って乾かします。


★目・耳・鼻・に水やシャンプーが入ってしまったら、どうしたらいいですか?★

<目の場合>
目頭を洗う時に、鼻の短いワンちゃんはシャンプーが入りやすいです。シャンプー剤が直接入らずに泡だけなら、すぐにすすげばほとんど心配ありません。ただ、すすいだ後も目がしょぼしょぼしていて、赤くなっている様なら動物病院で診察しましょう。


<耳の場合>
犬が頭を振ってブルブルすることで、ほとんどの水は排出されまするので水が入っても心配いりません。耳の汚れが多い子は、薬用のシャンプーで耳の中を洗う事もあります。


<鼻の場合>
水やシャンプーが入ってもほとんど問題ありません。しかし、苦しくてパニックになる子がいます。シャンプー嫌いにならないよう、注意してあげましょう。


★シャンプーをすることで防ぐ病気★

細菌やカビなどが原因の皮膚病の予防が可能です。しかし、ホルモンやアレルギーが原因の皮膚病は、シャンプーでは防げません。
ただ、シャンプーをすることで全身をチェックする事が出来るので、病気の早期発見に繋がります。


飼い主さんが日頃抱いている疑問に少しでもお答え出来たでしょうか? 日頃の健康維持の為、そして愛犬とのスキンシップの為にシャンプーにトライしてみましょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック 手入れ トリミング シャンプー リンス しつけ 行動 マナー ペット 犬 イヌ 猫 ネコ