獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 猫の爪との付き合い方【動物まめ知識】

動物まめ知識

猫の爪との付き合い方【動物まめ知識】

猫はよく爪を研ぎますね。家具やおうちの壁で爪を研がれてしまった、中には自分の足で爪を研がれた‥という飼い主さんもいるかと思います。
では、なぜ猫は爪を研ぐのでしょうか? そしてどうすれば爪を研ぐ猫の習性と上手くお付き合いできるでしょうか?
今回は、猫の爪との付き合い方についてお話したいと思います。

  

★猫の爪の仕組みを教えて!★

猫の爪(指)の数は前足が10本に対して後足が8本です。猫の爪は内側と外側の多層構造になっています。丁度紙コップをいくつも重ねたような形を創造してもらうと分かりやすいかもしれません。猫が爪を研ぐとその一番外側の部分が剥がれ落ちる事で内側が出てきて尖った形になります。「爪とぎ」は実際には爪とぎではなくて「爪の外側はずし」なのです。時々爪とぎの下に、爪の形そのままの「外側」が落ちていてびっくりしたことのある人もいるのではないでしょうか。人間の爪と同じように猫の爪もほっておけば伸びていきます。そして爪の最も内側には神経と血管が走行しています。


★前足と後ろ足★

猫が爪を研ぐのは前足だけです。前足の爪はばねのようになっていて、普段は指の中に収納されて見えませんが、物を引っかく時にだけ出す事ができます。普段は地面に接する事がないため、研いで鋭さをキープする事ができるのです。後ろ足の爪は前足ほど完全に収納する事ができないため、先端はやや丸みを帯びています。前足の爪と同じように後ろ足の爪も伸びつづけていますが、猫自身が時々噛んで外側をはがしています。
  

★どうして爪とぎをするの?★

昔から猫科の動物は狩りの名人です。野生の猫科動物にとっては爪を常に研いでとがらせておくことで獲物を確実に捕らえ、押さえ込む効果を高めることができます。また敵に襲われて戦うときや縄張り争いなどでも大切な武器になります。

猫の鋭い爪はこのように野生では最強の武器となりますが、ハンティングや戦う機会の少ない現代の家猫にとっては一生懸命爪を研ぐ必要性はないはずです。

でも実は爪とぎには単に爪を適度な長さに保つためや、尖らせておくこと以外にも目的があるのです。

猫の顔や尻尾にはそれぞれに特有のフェロモンを分泌する臭腺があり、室内の柱や家族にその部分を「スリスリ」させて、自分の匂いをこすりつけて「マーキング」します。

実は肉球にもそのような分泌腺があり、爪とぎの際にパットから出る分泌物をこすり付けて自分の臭いをつけることにより安心しているのではないかと言われています。  

また、自分のテリトリー(居住空間)に爪痕をつけて、「ここは自分の場所だぞ」と示しているとも言われています。 
  

★決まった場所で爪とぎをさせる方法を教えて!★

爪とぎは猫にとってさまざまな目的があり不可欠な行為です。ですが、飼い主さんにとっては大切なカーペットや壁をボロボロにされるのはやはり困ってしまいますよね。猫ちゃんは一度適度に爪がひっかかって気分よく「外側の爪はずし」ができて「お、ここはいいぞ」と思うと、そこを自分で「爪とぎの場所」と決めてしまうのです。だからまずは爪とぎ器以外の場所はなるべく爪がひっかからないようにしましょう。壁紙やふすまなど、一度穴が開いてしまうとそこを手がかりにしてしまうので、始めに爪とぎをされたらすぐに修復して爪が引っかからないようにしましょう。

ですが、せっかく爪とぎマットやキャットタワーなどを用意しても、肝心の猫ちゃんがそっぽを向いてしまう事があります。

実はこれには猫ちゃんなりに事情があり、決まった場所で爪とぎをさせるにはいくつかコツがあります。

おうちの猫ちゃんが好んで爪を研ぐ場所と研ぎ方をよく観察してみましょう。床で爪を研ぐのが好きな子と、伸び上がって爪先立ちで爪を研ぐのが好きな子がいます。カーペットで研ぐのが好きな子とダンボールで研ぐのが好きな子がいます。

いろんな爪とぎが市販されていますが、好みの材質の物を好みの位置に取り付けてあげましょう。爪とぎはマーキングの意味があるので、柱や曲がり角など部屋の目立つところのほうが好きかもしれません。高さにも好みがあり、ストレッチしながら爪を研ぐ子には特に高めに設定してあげましょう。慣れるまでは高さ、幅とも十分な大きさを用意してあげましょう。猫がそこで爪を研いだ時、グラグラして不安定なのも良くありませんのでしっかりと取り付けるようにしましょう。

用意した爪とぎが家の中で最も爪を研ぐのに心地よいものであれば他の場所ではほとんど爪を研がないようになります。

さらによく観察すると寝起きやご飯の後など行動を変える時、猫なりに生活リズムを整えるかのように爪を研いでいます。猫にとって爪とぎは、お気に入りの嗜好品、軽いウォーミングアップ、やる気を出すストレッチのような役割も果たしているようです。
このような習慣を利用していくつか取り付けてみましょう。部屋と部屋の境目、食器のそば、猫用ベットやトイレのそばなどが効果的だと思われます。

もしどうしても爪とぎの場所をコントロールできない場合は、爪の先を丸めて引っかかりにくくしましょう。しょっちゅう爪を切るか、専用の爪カバーをはめる方法などがあります。
これらの事柄は怖がらず大人しくできるように小さい頃から習慣をつけておかないと家の人が引っかかれたり、猫は逃げ出したり大変な騒ぎになってしまいます。

どうしても爪切りやカバー付けができない場合、最終手段として手術で爪を取るという方法もあります。可愛そうと思われるかもしれませんが、飼い主さんがイライラして怒っていてばかりいたら猫にとっては手術されるよりも辛いかもしれませんし、飼い主さんにとっても猫との生活が楽しいものではなくなってしまいます。


★おわりに★
 
猫の爪との付き合い方についてお分かりいただけましたか?

飼い主さんが猫ちゃんをよく観察し、習慣を理解してあげることが大切ですね。
 
飼い主さんと猫ちゃんにとって快適な生活が送れるよう、是非トライしてみてくださいね!

キーワード

プリモ ペットクリニック 爪 爪研ぎ 爪とぎ 臭いつけ ペット 猫 ネコ