獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » レプトスピラ症について 〜ズーノーシスを考える〜 [予防医学]

予防医学

レプトスピラ症について 〜ズーノーシスを考える〜 [予防医学]

レプトスピラ病について知っていますか?最近話題の”ズーノーシス”・・動物から人へ移る感染症の一つです。おうちの犬がレプトスピラ病になってしまったらどうすれば?予防するには?


★まずはじめに・・・「ズーノーシス」ってなんですか?★
 
ズーノーシスという言葉をよく耳にすることがあると思いますが、その言葉の意味がわかりますか?

簡単に言ってしまえば、ズーノーシスとは犬も猫も人間も、さらに鳥類、爬虫類、両生類、魚類など、脊椎動物すべてがかかる病気のことをいいます。いわゆる動物の種類を選ばず、飼い主さんにも犬にも猫にも同様に感染する感染症や伝染病なのです。

人間はその感染を防ぐために様々な研究により予防法や治療法を見つけ出し病気の撲滅に全力を注いできましたが、その反面、動物たちは毛づくろいや日光浴、群れでの水浴びなど古典的な健康維持が中心のため予防対策が不十分であり、感染症や伝染病への備えがほとんどありません。

よって伝染病の伝染力や恐ろしさを知っている飼い主さんが率先して、感染予防を心がけることが大切なのです。


★レプトスピラ病ってどんな病気なの?★ 

レプトスピラ病を起こす原因となる細菌は「カニコーラ型」と「ワイル型」の2種類に分かれます。

この細菌は尿で汚染された水により増殖します。その汚染水を直接飲んだり触ったりすることで感染するため、野生動物の間での感染は容易です。実際には百数十種類以上の野生動物が外見上健康であるにも関わらずレプトスピラ菌を持っているといわれています。

また、レプトスピラ病は季節に関係なく発生し、オスはメスより感染率が3〜5倍高いともいわれています。


★どうやって感染するの?★  

最も多い感染方法は、レプトスピラ病に感染したネズミ、犬、家畜などの尿を介して、人間やほかの動物に感染してしまうケースです。感染した動物の尿中には大量のレプトスピラ菌が排泄されます。その尿が口に入ったり、直接触ったりすることでレプトスピラ病に感染しますが、皮膚に傷口などがある場合はさらに簡単に菌が侵入してしまいます。

特にネズミが感染した場合はその症状がわからず、見かけ上はまったく健康体に見えるのでいっそう危険です。そして体内に侵入したレプトスピラ菌は血液により全身に広がり増殖していき、肝臓や腎臓を侵していくのです。


★どんな症状になるの?★  

症状は感染してから2〜12日後に現れます。主な病因菌の「カニコーラ型」と「ワイル型」は、それぞれ症状が異なります。


<カニコーラ型>
腎炎が主な症状です。感染初期は40度以上の発熱から始まり、激しい嘔吐、血便、蛋白尿が続きます。後に出血性腸炎や口内炎も伴い、脱水症状を起こします。腎炎の程度により経過は異なり、軽度で症状すら見せない犬もいれば、尿毒症により死亡してしまう場合もあります。

<ワイル型>
「黄疸型」ともいわれ、主に肝臓が侵されます。カニコーラ型より嘔吐は軽いですが、黄疸症状を始めとし突然の高熱や衰弱、震え、口唇の出血性疱疹、触診により筋肉痛を示します。急性型では数時間から2〜3日で死亡してしまいますが、亜急性型では解熱後衰弱し数日後に死亡するものから回復するものまであります。


★愛犬が感染してしまったら…★  

レプトスピラ菌自体は熱や乾燥、消毒には弱いので、発見が早ければ簡単に死滅するといわれています。もし傷口から侵入した場合は症状が進まないうちに原因となった傷口部分を組織ごと取り除き、消毒します。また、全身にも抗生物質を投与しレプトスピラ菌を完全に除去します。

さらに食欲不振や脱水、尿毒症がある場合にはその治療として点滴をおこないます。肝臓の機能障害に対しては肝臓保護のため強肝剤やブドウ糖の入った点滴をして体力の回復を図ります。

また、治療により症状が回復しても長期に渡りレプトスピラ菌を尿中に確認できることがあります。一度レプトスピラ病に感染した犬は特に二次感染源にならないよう、定期検査を必要とします。


★もし人間に感染したらどんな症状が起こるの? どうしたらわかるの?★  

約90%は軽症で済み、感染しても黄疸が出ていなければ治癒します。しかし、残りの10%は多臓器が侵され致死的な経過をたどる可能性があります。この場合は発熱、頭痛、激しい筋肉痛、悪心が起こり、その数日後に目の充血、嘔吐があらわれます。

その後、一度熱が引きますが再び発熱し、頭痛を伴った髄膜炎や意識の混濁や昏睡を起こす場合もあります。重症例では肝炎や腎炎、肺炎が起こり黄疸や腎不全、血の混ざった咳が生じます。さらに、妊婦がレプトスピラ病にかかると流産してしまうこともあります。

レプトスピラ病は、血液検査や尿検査をして診断します。また、感染したと思われる可能性のある環境を再確認してみるといいでしょう。さらに他の診断として血液、尿、脳脊髄液のサンプルを培養し菌を検出したり、この菌に対する抗体の有無を調べる血液検査があります。


★感染犬との接触の注意点★  

レプトスピラ病はズーノーシスです。もし近くにレプトスピラ病の感染犬がいた場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

まず、主な感染経路となる尿の扱いに注意します。感染犬の尿中には多量のレプトスピラ菌が排泄されているので、その感染を防ぐために尿を処理する時は手袋をして、処理後はよく手を消毒するなどの対策が必要です。

また、レプトスピラ菌は土の中でも約半年間感染力を保つことができます。なので、感染犬が土のある場所で排泄するとそのまま土の中でレプトスピラ菌が生存し大変危険なため、土の上に放すことはやめましょう。

また犬や人間が土の上でケガをした場合は、土の中に生存していたレプトスピラ菌がその傷口から感染する可能性もあるのでよく消毒しましょう。


★どんな予防があるの?★
 
最大の予防はレプトスピラ病に対しての混合ワクチンです。一年に一回程度ワクチン接種をすることで、この病気を防ぐことができます。

特に、飼っている犬がよく散歩をしたり、ネズミのいる地域に住んでいたり、野山をよく駆け回っていたりと、環境的に外にいる機会が多い生活をしている場合は、感染する可能性が高くなるため、必ずレプトスピラ病の入っているワクチン接種をしてあげましょう。


米国では、レプトスピラ病にかかっている人間の約3割が感染犬との接触によるものという報告もあります。公衆衛生の面から考えても、人間を含む全ての動物への二次感染を防ぐために予防接種を打つ必要があるといえるでしょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック ズーノーシス 人畜共通伝染病 人畜共通感染症 ワイル病 予防注射 予防 レプトスピラ ペット 犬 イヌ 猫 ネコ