獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 狂犬病のお話パート2 〜出入国の手続法など〜 [予防医学]

予防医学

狂犬病のお話パート2 〜出入国の手続法など〜 [予防医学]

狂犬病を国内に持ち込まないために様々な水際対策が取られています。ペットを連れて外国に出国する時、またはペットを連れて外国から入国する時、規定の条件を満たさなければいけません。さっそくチェックを!


★愛犬を連れて入国する場合に必要なこと★
 
日本では2004年11月から狂犬病の侵入防止等の目的で、外国から日本に犬等を輸入する場合の動物検疫制度が改正され、海外からの犬などのペットを連れて入国する場合に下記の項目が求められています。(清浄指定地域外の場合)

・マイクロチップの埋め込み(ISO規格のマイクロチップ)

・狂犬病予防注射の接種

・農林水産省が指定する検査機関での狂犬病ウイルスに対する血
清中和抗体価(2回目の予防注射から2週間後に血液を採取し、狂犬病抗体価を測定)の確認

・180日間の輸出(帰国)待機

・輸入に関する事前届出

・1〜3の事項及び狂犬病、レプトスピラ(犬のみ)にかかっている恐れがないことについての(輸出国政府機関発行)証明書の取得

 
つまり日本への入国する場合、動物病院でマイクロチップを埋め込み、30日の間隔をあけて2回の狂犬病予防接種をして、さらにその後、抗体価を検査して180日観察しなければならないということです。従って最短でも7ヶ月間以上経たなければ日本に入国できないのです。


★愛犬を連れて出国する場合に必要なこと★
 
外国へ犬又は猫を連れていくときは、日本を出るための条件と相手の国に入るための条件をクリアする必要があります。

・狂犬病予防注射の接種
日本を出国するためには、複数回(30日の間隔をあけて2回以上)の狂犬病予防注射の後に狂犬病ウイルスが体内に侵入した場合に、対応出来るだけの「抗体」があるかどうかの血清中和抗体価を受けなければなりません。

・マイクロチップの装着および開業獣医師発行の健康診断書が必要

・さらに相手国に入国するための条件をクリア

・その他の出国による条件
国によっては輸出検疫証明書や検便証明書などが必要な国もあり、入国条件は国によって様々ですので、事前に大使館又は相手国の検疫当局に確認するなど用意周到な「出国計画」が必要となります。


出国時も入国時も狂犬病予防注射の接種が必要となりますが、生後91日未満に子犬は狂犬病の予防接種が受けられないことも熟知しておく必要があります。基本的な知識としては、こちらで説明しております。


★出入国にマイクロチップはなぜ必要?★  

マイクロチップ(MC)とは個体を識別するための「ペットの名刺」です。海外渡航時には「ペットのパスポート」のような役割を果し、迷子時の身元確認、盗難や捨て犬・猫の防止などにも効果を発揮しています。 10数桁の個体識別番号を書き込んだIC(超小型集積回路)が内蔵されたガラスカプセル(長さ11〜13mm、直径2mm)で、読み取り器(リーダー)で瞬時に番号を読み取ることが可能です。


★おわりに★  

出入国の条件にもありましたが、犬が狂犬病ウイルスに勝てるだけの十分な“抗体”があるかどうかをチェックする検査を、狂犬病血清中和抗体価測定といいます。日本でも公的にこの検査が実施できるようになりました。狂犬病は発症すれば100%に極めて近い確率で死亡する病気であることには間違いありません。しかし、米疾病対策センターによると、狂犬病発症後の生存例はこれまでに世界で6例報告されています。

この6例の患者はいずれも狂犬病の症状が起こる前にワクチン接種を受けていました。少しでもリスクのある地域へ渡航する場合は、狂犬病予防注射を接種することが必要だと言えます。

狂犬病の現状として「飼い主さん」と「愛犬」のための必要なお話しをいたしました。最後にお伝えしたいことがあります。狂犬病とは、すぐ近くにある大きな危険になりうる病気の一つだということを忘れないでください。

キーワード

プリモ ペットクリニック 狂犬病予防法  ワクチン 予防注射 狂犬病予防注射 狂犬病 ペット 犬 イヌ 猫 ネコ