獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 怖い病気ジステンパー [予防医学]

予防医学

怖い病気ジステンパー [予防医学]

犬が罹る怖い病気のひとつに伝染性のウイルス病があります。中でもジステンパーは代表的なもの。ワクチンを打っていても免疫力が十分でなければ感染してしまうことがあります。何ヶ月もたってから発症する事が分かっています。


★犬ジステンパーってどんな病気?★
 
伝染病の強い病気で、人間の麻疹(はしか)に似たウィルスが原因とされています。

感染した犬の健康状態で予後が左右され、栄養状態の悪い犬が感染すると死亡率は50〜90%と非常に高くなります。その中でも、特に母乳による免疫がなくなる生後50日〜90日齢のワクチン未接種の子犬に最も高い確率で感染します。また、犬ジステンパーに感染して回復したとしても、約50%の犬にその後遺症が残るといわれています。


★どうやって感染するの?★ 
 
犬ジステンパーに感染し発病している犬の、目ヤニ、鼻水、唾液、尿、ウンチなどの排泄物に含まれるウィルスに直接接触した時や、空気による伝播により感染します。特に冬の寒く乾燥した環境では伝染性が強くなり、犬ジステンパーウィルスの寿命日数は室温で7〜8日、気温が4度で約2ヶ月間、−10度では半年以上もあります。

また、ワクチン未接種の子犬はもちろん、必要な回数のワクチン接種を済ませていない子犬が新しい飼い主さんの家へ来るまでに、どこかでウィルス感染していることもあります。さらにワクチンの免疫がまだ完全にできていないうちに外へ連れ出して感染させてしまうことも少なくありません。


★感染するとどんな症状になるの?★
 
犬ジステンパーには若い犬を中心にみられる急性症と、その後にみられる亜急症、さらに成犬になってからみられる慢性症があります。

急性症
感染後約2週間で発症しますが、その前に感染後約1週間で39.5〜40.5度の発熱があります。その後、一旦平熱に戻るので感染していることに気づかないこともあります。そして感染後2週間位の時期に2回目の発熱が見られます。このときに食欲不振、目ヤニや鼻水などの分泌、咳、結膜炎、嘔吐、下痢などの症状が出てくるのでこの時点で気づくことが多いようです。

亜急性症
急性症で発病してから2〜3週間後または何ヶ月も経ってから、ほとんどの犬が脳炎からくる神経症状を起こします。これが亜急性症と呼ばれるもので、これは脳の中にウィルスが潜んでいるために起こります。6ヶ月齢より若い犬に、突然原因不明の神経症状がみられた場合には犬ジステンパーの亜急性発症が疑われます。よだれを垂らしたり頭を振ったり、チューインガムをかんでいるような行動をするといった短い発作が特徴です。

てんかん様発作を起こすと、感染犬は円を描いて走ったり倒れこんで四肢を広げて突っ張ります。こうした症状を起こした後は錯乱したような様子を見せ、飼い主さんに対して尻込みしたり、目的なく歩き回ったり失明したかのように見えます。

脳をおかされた時によく起こる徴候としては、体の表面が部分的にけいれんする“チック”と呼ばれる症状があります。また犬ジステンパー特有の症状で足や鼻の皮膚をウィルスが攻撃し、鼻の皮が厚く角化したり足の肉球がタコ状になり“ハードパット”と呼ばれる状態にもなることがあります。

この時点で死亡するものも回復するものもありますが、犬ジステンパーに感染すると、その後回復しても神経に障害が残ることもあります。


慢性発症
さらに犬ジステンパーは慢性の発症も知られています。これは4〜8歳の中年の犬に見られるもので、徐々に進行して時に痙攣や麻痺を起こします。


★どうやって治療するの?★
 
残念ながら現代の獣医療では、犬ジステンパーウィルスそのものを退治する有効な治療方法は見つかっていません。しかし抗生物質が細菌の二次感染を防ぐために使用され、その他、嘔吐・下痢を防ぐ投薬、および神経症状による発作を抑える抗けいれん剤や鎮静剤などを投与したりする対症療法が行われます。

さらに必要な栄養や水分の補給で体力の回復を高める治療を行います。そのような治療で抵抗力をつけさせ、感染犬自身の体内で犬ジステンパーウィルスに対する「抗体」をつくらせることにより、自然治癒するのを期待するしか手段がないのが現状です。

治療の成果は飼い主さんがいかに早く発見し獣医師に助けを求めるかで変わってきます。また、犬の年齢、抵抗力、過去のワクチン接種の有無、ウィルスの強さによっても予後が異なってきます。


★犬ジステンパーを予防するには…★
 
犬ジステンパーウィルスの含まれたワクチンを接種することで、ほぼ100%予防することができます。子犬期から老齢期まで、適切なワクチン接種を定期的におこないましょう。

しかし、ワクチン接種前に感染が起こってしまうと予防は不可能です。特に、急性期をほとんど無症状で経過した場合は気づかないうちにすでに感染しているので、その後ワクチンを打ったのにもかかわらず犬ジステンパーに感染してしまったように見えます。一見無駄のように思えても、早くからワクチン接種することによってこの病気を予防できることを覚えておきましょう。


★まとめ★
 
犬ジステンパーウィルスは、実は犬やキツネ、タヌキなど犬科の動物だけでなく、フェレットやアライグマ、アザラシ、イルカ、ライオン、トラ、ヒョウなど多くの野生動物に感染するウィルスで、愛犬の感染予防は野生動物を守るためにも役立っています。

特に、最近ペットとして人気のあるフェレットはこのウィルスへの感受性が高いので要注意です。犬同様、犬ジステンパーワクチンを打つことで、ペットからこの病気を予防しましょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック 健康チェック 子犬 咳 ケンネルコフ 神経 ジステンパー 鼻 口 ペット 犬 イヌ 猫 ネコ