獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 赤ちゃんがいる家庭でペットを飼うということ パート1 〜手間も倍、喜びも倍〜【飼い方】

飼い方

赤ちゃんがいる家庭でペットを飼うということ パート1 〜手間も倍、喜びも倍〜【飼い方】

赤ちゃんとペットとの生活。大変だけど以下の点に気を付けて。乗り越えられれば感慨も一塩に違いありません。


★ペットが赤ちゃんに与えてくれるもの★

ペットとの触れ合いは、赤ちゃんに様々な良い影響を与えてくれます。自分とは違う生物が命を持って生きていることを、そのぬくもりで感じることは、命の尊さを学ぶきっかけとなります。
動物を思いやる優しい気持ちは情操教育にも役立ちます。感性豊かな人間に育ってほしいと願い、赤ちゃんが生まれてからペットを迎え入れる方も多いことでしょう。しかし、ただかわいいからと言って安易にペットを招き入れさえすればいいという感覚では、赤ちゃんにもペットにもご両親にも大変なストレスと危険を与えることになります。また、最近は室内で飼うペットが増え、赤ちゃんとペットが生活環境を共有することも多くなりました。親として飼主として、どのように注意し、どのように対処すべきかをしっかりと理解しておく必要があります。


★手間は2倍以上★

ペットを飼っているご家庭に赤ちゃんが産まれることになったら、「ペットは赤ちゃんに良いのかしら?」と考えることはあっても、「赤ちゃんはペットに良いのかしら?」と考えることはまずありません。無意識のうちに、ペットよりも人間を優先するのです。ですから、現在出産の予定がなくても、いずれ人間の家族を増やそうと考えている飼主さんは、「良いのかしら?」と愛犬や愛猫を疑わなくてもすむように、今から正しい方法で飼育してください。
育児中のご家庭で「ペットを飼う」ことをご両親の意思で始める場合には、子犬か子猫を迎えようと思うでしょう。すでに発育を終えた成犬や成猫から飼おうとすることはあまりないようです。ということは、人間の赤ちゃんの他に、乳幼児を増やすことと同じであると考えておく必要があります。
成犬や成猫よりも子犬や子猫のほうが飼育に手間がかかります。赤ちゃんがいる家庭がさらに赤ちゃんを増やすのですから、世話をするご両親(特にお母様)の負担は2倍では済みません。人間と犬や猫という、別の生き物の赤ちゃん同士が同じ場所で生活すると、どのような事が起こり得るのかを考えてみましょう。


★どのようなことが起こるのでしょうか?★

まずどちらも好奇心旺盛で、目に入る物全てを触ったりかじったりしてみるでしょうから、子犬や子猫は赤ちゃんのオモチャや衣類で遊ぶでしょう。汚したり壊したりするかもしれません。粗相してしまう事も考えられます。人間の赤ちゃんはペットの排泄物を握ったり口に入れてしまうかもしれませんし、乱暴に触ってしまえばペットに怒られて、噛まれたり引っかかれたりするかもしれません。
定期的な予防や、病気やケガなどのために動物病院に行く必要は必ずあります。その度に人間の赤ちゃんを抱いたままで、ペットの診察を受ける事になります。人間の赤ちゃんが病院にかかるときに、ペットの赤ちゃんはおとなしくお留守番していてくれるのでしょうか? お買い物に出かけるときは? 洗濯物を干す時やトイレに行く時など、ほんの少しの時間でも、目を離せば何を始めるかはわかりません。
育児をしながらペットの健康維持としつけを並行する事は、並大抵の労力ではありません。洗濯物の量も、病院費も、「あ〜、だめだめ!」と叫ぶ回数も、少なくとも3倍には増えると覚悟する必要があります。だからこそ、安易にペットを迎えるのではなく、ご家族でよく話し合うことが大切なのです。


★とにかく清潔に保つこと★

人間の赤ちゃんとペットとの共存に一番大切なことは、ペットの飼育環境をとにかく清潔に保つことです。予防接種やワクチン接種を欠かさないのはもちろんのこと、日々の生活を清潔に保つよう気を配ることが大切です。
ペットのトイレやベッドの掃除を欠かさず、カーペットやフローリングはこまめに拭き掃除をしましょう。掃除機を掛けただけでは毛や小さな汚れを取り除く事ができずに、撒き散らしてしまうだけの場合もあります。必ず拭き掃除まで行いましょう。赤ちゃんを抱っこすることを想定し、洋服の毛などもこまめに取るなどの注意が必要です。特に散歩の習慣がある室内犬や、室内外を行き来する猫の場合の掃除は、屋外からの汚れや病気を持ち帰ってしまう恐れもありますので、特に念入りに行います。
忘れがちなのがエアコンの清掃です。ファンに付着した塵や埃が逆流して、汚れた空気を室内に撒き散らすこともありますので、こまめに掃除を行いましょう。

清潔を維持するために、ペットを触ったあとは必ず手を洗うこと、室内の清掃とペットの手入れをこまめに行うこと、赤ちゃんもペットも予防を確実に行うこと、の3点は欠かせません。


赤ちゃんがいる家庭でペットを飼うということ パート2 〜アレルギーと人畜共通伝染病について〜はこちら
http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000131&CatgM=3

キーワード

プリモ ペットクリニック 赤ちゃん 人獣共通感染症 アレルギー ストレス 人畜共通感染症 ズーノーシス オウム病 パスツレラ 猫引っかき病 トキソプラズマ症