獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 犬の輸血の現状 [造血系]

造血系

犬の輸血の現状 [造血系]

ペットも輸血が必要になることがあります。人間と犬の血液型の違いを知っていますか?どうして輸血が難しいの?・・血液型から犬の輸血の現況までお話したいと思います。


★どんなときに輸血が必要となるの?★ 
 
血液をつぶつぶオレンジジュースに例えてみましょう。例えば“つぶつぶ”に相当するのは「赤血球」です。また、“オレンジジュース”に相当するのは「血清」です。45%果汁が通常だとすると立ちくらみを起こす原因である「貧血」はそれよりも少ない果汁であると大雑把に理解できます。

何らかの原因で自分の血液が溶けてしまう病気や交通事故や手術等による大量出血の際、下痢や嘔吐で血液中の蛋白質が失われてしまう病気の際にも輸血が必要となることがあります。


★血液成分の働きをおさらいしましょう★
 
血液の中の成分は、大きく赤血球・白血球・血小板の3つに分けられます。血液は心臓から太いパイプを通じて体のいたる所にたくさんの情報を流す役割を持っています。血液がなかったら、人も犬も生きていくことができません。

赤血球は高速道路である動脈から一般道である毛細血管へと移動して、酸素という荷物を届けて、不要なゴミを受け取り、再び一般道から高速道路に乗り、心臓に戻ってきます。人を含め犬や猫(背骨がある動物)の赤血球には「酸素の宅急便」である“ヘモグロビン”という血色素が存在し、そこに含まれる「鉄」が酸素と結びつく(酸化する/錆びる)と、鮮やかな赤色になります。

白血球は体内に侵入した異物を攻撃する働きをします。白血球はいくつかの特殊部隊で構成されており、有事に備えてスクランブル発進します。血小板は出血したときに素早く傷口をふさぐ糊のような役割をします。

このような血液の働きは人間も犬も同じです。


★人間の血液型★
 
人間の血液型は、ABO式で分類されるのが最もポピュラーです。一般的なABO式は人類最初の血液型としてランチェスター博士によって1901年に発見され、「ランチェスターの法則」でA型、B型、O型、AB型の4つに分類されます。

A型→ 赤血球上にA抗原があり、血清中に抗B抗体がある場合

B型→ 赤血球上にB抗原があり、血清中に抗A抗体がある場合

O型→ 赤血球上にAおよびB抗原がなく、血清中に抗Aおよび抗B抗体がある場合

AB型→ 赤血球上にAおよびB抗原があり、血清中には抗体がない場合


体の中に侵入して“緊急事態”を引き起こす異物を抗原といいます。病原菌やウイルスなどだけではなく食べ物(タンパク質)も抗原となります。 抗原が体内に侵入すると白血球の中の特殊部隊の一つ「リンパ球」がその抗原に対する武器を作り出します。これが抗体です。抗原・抗体を調べて上記のように判定するのがABO式です。

しかし、人間の血液型はABO式のみで分類されるわけではありません。実はそれ以外にもRh型、MN型、P型など血液を示す型は数多くあります。



★犬の血液型★
 
犬の血液型は1950年代中期にはじめて見つかりましたが人間と比べるともっと複雑です。なんと13種類以上あると言われています。
 
そのほとんどは、赤血球の表面に存在する複数の抗原タイプによって分類されますが、その中でも代表的なDEA(Dog Erythrocyte Antigen:犬赤血球抗原)での分類が国際標準となっています。

このDEA方式での血液型は、現在9種類(DEA 1.1、1.2、1.3、3、4、5、6、7、8)に分かれています。


★輸血の現場から★
 
臨床の現場では、輸血を選択しなければ致命的な結末となることもあります。輸血の時に問題となるのは、急性溶血反応です。急性溶血反応とはドナー(血液を与える犬)の血液中の抗体がレシピエント(血液をもらう犬)の赤血球を攻撃するためにレシピエントの血液が破壊されることです。

先ほど説明したように血液には抗原と抗体が存在します。体外から侵入した異物である抗原をマークし「こいつは異物だよ」と知らせるのが抗体でしたね。

このように輸血をする場合には、その抗原と抗体が問題となり、これが合わないと上記の急性溶血反応のような事態をもたらすのです。ですから、確実に適合する血液を探すことがまず先決になります。

犬だからといってどの犬の血液でも輸血できるわけではないのですね。ちなみに犬種が違っても適合する血液であれば輸血は可能です。

犬の輸血の場合は「DEA1.1」が陽性(+)であれば陽性の血液を輸血しなければなりませんし、陰性(-)場合は陰性の血液を輸血しないと、このような問題が起こります。人間も同じA型でもRHが+と−では輸血できないのと同じです。ですから、犬の血液型を正確に把握しなければ様々な問題が起こるというわけです。そのために輸血前には血液が適合するかのチェックを行う必要があります。

日本でも国際的に認知されている犬血液型判定キット(犬赤血球抗原:DEA1.1の有無を判定)が入手可能となり、ドナーとレシピエントの血液を混ぜて肉眼的に適合を評価するクロスマッチ試験結果と合わせてより詳しい適合判定ができるようになりました。


★ペット専用血液バンク★
 
現在、一部の獣医師会や有志グループにより輸血医療ネットワークが作られ、会員の飼い主が利用できるシステムが構築されつつあります。ペット医療の最先端であるアメリカではペット用の血液バンクも設立されていますが、残念ながら日本ではオフィシャルな「犬猫専門血液バンク」は存在しません。ですから病院によって血液の入手方法は様々です。


今回は犬の輸血について説明してきましたが、いかがでしたか? 
知識としてこれらを知っていることは必要なことかもしれませんね。しかし、結局一番大切なのは、愛犬に輸血が必要となるような状況を作らないこと。つまり、日ごろの健康管理や行動の管理と言えるのではないでしょうか。

キーワード

プリモ ペットクリニック 血 血液型 血液バンク 輸血 ペット 犬 イヌ 猫 ネコ