獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ネコを迎える前の準備【飼い方】

飼い方

ネコを迎える前の準備【飼い方】

確かに猫は犬の様にお坐り、お手といった芸はあまり覚えようとしません。だからといって猫は知識が低いわけではないし、学習能力がないわけでもありません。飼ってみると魅力満載。でも猫を飼うにはどうしたら?何が必要なの?飼う前に読んでおこう。


★猫の習性や性格を理解しよう★

猫は元々単独で生活する動物です。ですから、犬のようにしつける事は難しいと言われています。「犬はよく覚えるのに、猫はちっとも出来ない」とよく言われます。しかし、猫は知識が低いわけではないし、学習能力がないわけでもありません。
犬は群れを作ってリーダーを決めて行動する動物ですが、猫は単独で生活してきたので、自分で判断する習性を持っている動物です。だからといってしつけが出来ない訳ではありません。猫には猫の適切なしつけの方法がきちんとあり、その方法を正しく使う事ができれば、こちらの都合の良い習慣を猫の日常にする事ができます。
犬のように自分以外の個体の言い分を聞く動物ではない事、そのかわり、自分が納得してしまえば必ず守ると言う事を理解しましょう。猫は人間が考えているよりもずっと順応性に優れた動物です。当然のように環境を整えておけば、当然のように受け入れてくれます。
さきほど言ったように、猫は単独で生活する動物です。干渉されることはあまり好きではありません。集団行動はどちらかと言うと苦手と言われてきました。
「猫は犬より甘えん坊ではないでしょう?」と思われている方も多いと思います。しかし猫だって犬と同じように、とても甘えん坊なのです。成長して成猫になっても人に甘えますし、人のそばにいたがります。猫自身の性格にもよりますが、全ての猫が気ままに暮らしたがるとは限らないことを理解しましょう。


★どんな方法で猫を飼いますか?★

ご近所の方や友人など、猫を飼う事になったきっかけの多くは「拾った」か「産まれてしまったのをもらった」でしょう。近頃では、流行の品種をペットショップやブリーダーが販売するようになりました。
どのような品種を飼う事になったとしても、絶対にワクチン接種と去勢または避妊手術を行い、室内飼育をしましょう。猫は自由な動物ですので閉じ込めておくのはかわいそうだと感じるかもしれません。
しかし、外出する事で交通事故やケンカや伝染病の感染や中毒や虐待などの、命を危険にさらす環境に身を置く事になるのです。室内飼育をしていれば、死亡の原因を減らす事ができます。
捨てられていた猫の場合は、まず動物病院に連れていき、獣医師にみてもらうようにしましょう。いろいろな病気に感染していたら大変です。また、お腹に虫がいないか検査してもらいましょう。拾った猫でも、ペットショップなどで手に入れた猫でも、猫自身のために一度検査を受けに動物病院に連れていくことを心得ておきましょう。


★用意するもの★

猫を迎える前に用意しておけば安心できるグッズを紹介します。これだけ用意しておけば、ひとまず安心です。(必要な順に並べてあります。)

【グッズ】

・トイレ&猫砂(猫砂は固まるタイプのもの、トイレに流せるものなどさまざまなタイプがあります。猫砂は毎日取り替えるものもあれば、一週間ごとに取り替えるものもあります。考えながら選びましょう。)

・エサ入れ&水入れ(水用と食事用の2つあったほうが良いでしょう。)

・ノミとりクシ+爪きり(クシはブラッシングする時に必要になります。爪きりは人間用の爪きりでも使えますが、もちろん猫用のものもあります。)

・爪とぎ用板(ネコちゃんの爪とぎは本能です。家の中が爪跡だらけにならないように準備しておくとよいでしょう。板にもさまざまな種類があり、ダンボール製・木製などあります。物によって金額も異なりますので、飼い主さんにあった物を選びましょう。)

・キャリーやケージ(ワクチン接種などで、獣医さんに連れて行く機会がすぐにでもあります。)

・洗濯ネット(これも動物病院に連れて行くときにあると便利でしょう。キャリーなどに入れていても、逃げてしまう場合があるかもしれません。洗濯ネットは逃げ防止になります。)

・サークル(猫にだって落ち着く場所が必要です。また、猫は犬と違って単独行動を好む動物ですので、一人で安心して落ち着ける場所が必要です。飼い主にもみえない隠れられる一人の場所をつくってあげましょう。)

・ベッド(猫は寒がりなので、冬は特に寒さ対策にベッドを用意しましょう。)

・おもちゃ(最近は猫のおもちゃも沢山あります。)

・首輪(散歩させなくても、名前をかける首輪など出ていますので、付けておくとよいでしょう。)




キーワード

プリモ ペットクリニック 品種 飼う前 グッズ 習性 準備  飼い方 しつけ 行動 マナー ペット 犬 イヌ 猫 ネコ