獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 犬にもてんかんがあるの?  [神経感覚器]

神経感覚器

犬にもてんかんがあるの?  [神経感覚器]

犬では100頭に1頭の割合でてんかん発作が起きると言われています。てんかんはどうして起きるの?なってしまったらどうすればいいの?てんかんについての正しい知識を集めましょう。


★てんかんってなに?どうして起こるの?★ 
 
てんかんは、脳内に突然異常な電気的興奮が起こり、脳の神経細胞がショック状態になってしまうことで起こります。てんかんが起こると脳からの命令が通常どおりいかなくなり、意識を失ったり体がけいれんを起こしてしまう状態が続きます。てんかんとは、いわゆる脳の病気なのです。

原因はさまざまですので、血液検査やレントゲン、CT、MRIなどの画像診断によってどうして起こるのかを追求していかなければなりません。しかし調べても異常が見つからず、原因がわからない時も多々あります。この場合を原因不明の『原発性てんかん』といい、脳の中で腫瘍や組織の変化による障害がてんかんを起こす原因となっている場合は『症候性てんかん』といい、区別しています。

また、子犬の頃であればジステンパーなどのウィルス感染によって起こる脳炎や、先天性の奇形による脳の機能障害などでてんかんを起こす場合もあります。さらに、遺伝的なものから起こる場合も多く犬種によって違いがあるようです。


★てんかんが多いといわれる犬種★

・コッカースパニエル
・ビーグル
・シェルティ
・シベリアンハスキー
・アイリッシュセッター
・ラブラドールレトリバー
・ゴールデンレトリバー
・キャバリア
・スプリンガースパニエル
・ワイヤーヘアーダックスフント
      など。


★どんな症状を起こすの?★
 
 
てんかん発作の症状もさまざまです。体全体で激しくけいれんすることもあれば手足や顔面だけがピクピクとけいれんすることもあります。また、体が硬くこわばったり(硬直)、体を弓なりに反らしたりし、時にはてんかん発作時に失禁してウンチやオシッコをしてしまうこともあります。このてんかん発作を繰り返されるのが「てんかん」という病気なのです。

その頻度もさまざまで、月に一度、数ヶ月に一度、一年に一度の子もいれば一日に何度も、という場合もあります。発作の時間は数十秒から数分でおさまることが多く、おさまった後はほとんどの場合がまるで何事もなかったようにケロッとしています。しかし重度の場合は短い時間に何度も同じようなてんかん発作を繰り返して長く続くこともあります。


★もし、てんかんが起こったらどうすればいいの?★ 
 
てんかん発作の最中は飼い主さんとしてはどうしてもパニックになりがちです。しかし慌てて体をさすったりしてしまうとかえって神経を興奮させてその状態を長引かせてしまいます。さらにてんかんを起こしている最中はその子自身も普段のような自覚意識がないため、飼い主さんの手を噛んできたりすることもあるかもしれません。手足をバタバタしていても体に手を添えてあげる程度にして、無理に押さえないことです。

そして、てんかんが起こってしまったらどこへ倒れてもケガのないように周りの安全を確かめ、飼い主さんはてんかんの様子を冷静に観察することが大切です。どのような症状のけいれんだったか、どのくらいの時間起こっていたか、などしっかり観察することで診断や治療の重要な手がかりとなることも多いのです。

また、激しい発作を繰り返せば繰り返すほど脳の神経細胞のダメージが大きくなり、それがさらに新たな発作を引き起こす要因となってしまいます。そのため、症状がひどくなる前に動物病院で診察を受け、抗てんかん薬をもらい、それを飲ませることでできる限り発作が起きないようにすることも大切です。抗てんかん薬は原因不明の『原発性てんかん』の場合の約7割に発作抑制効果があると言われています。


★普段どんなことに気をつければいいの?★

日頃の観察をしっかりしていれば、もしてんかんが起こった時でも「いつもと違う」ことがすぐに発見できます。普段の生活で以下のような症状が出ることがないか、よく観察してみましょう。

・いつも不安や落ち着きがなく、よだれや嘔吐などがよく見られる。
・体の一部分、または全身のけいれんがあったり、力が抜けたりすることがある。
・何か食べているような感じで口をクチャクチャ動かす。
・宙に向かって口で虫を取るような動きをする。


もし愛犬が一度でも原因不明の発作を起こしたことがあるなら、発作の引き金となる要因を高めないように普段からストレスの少ない飼い方を心がけましょう。また、化学添加物の多いペット用スナックなどの食べ物を与えないよう注意することです。

「発作だ!」と、飼い主さんが慌てて動物病院に連れて行っても、もしその時に症状がおさまってしまっていれば、病状はまったくわかりません。飼い主さんが、発作が起こっている時の経過を冷静に獣医師に伝えることが治療の第一歩なのです。もちろん発作は原因不明のてんかんからくるものかもしれませんが、詳しい検査をすることで脳腫瘍や脳炎など、脳疾患の早期発見・早期治療につながることもあるのです。


★日頃の観察を心がけましょう★

てんかん発作はその症状を繰り返すたびにさらに発作が起こりやすくなり、症状も悪化していき、ついには発作が休む間もなく起こって脳圧(頭蓋骨の中の圧力)が上がったり肺水腫によって呼吸が止まったりして急死することもあります。原因不明の『原発性てんかん』でも、体質的にてんかん発作を起こしやすい「素因」(遺伝子の突然変異や生まれつきの体質などによるもの)が発症に関わると考えられていますが、素因があるからと言ってすぐに発作が起きるわけではありません。

てんかんはたいてい、1歳から5歳ぐらいの間に突然発作を起こし始め、徐々に回数も多く症状も激しくなっていくことがほとんどです。なるべく初期の段階で適切な治療を始めれば発作もひどくならずに元気に生涯を送ることも多いのです。普段の生活をよく観察して、まずは早期発見を心がけましょう。

キーワード

プリモ ペットクリニック 発作 ケイレン けいれん 痙攣 てんかん 頭 ペット 犬 イヌ 猫 ネコ