獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 妊娠中に猫を飼うなって本当なの?・・トキソプラズマ感染症

感染

妊娠中に猫を飼うなって本当なの?・・トキソプラズマ感染症

動物から人へ移る病気がいくつか話題になっていますが、過敏に反応して飼っていた動物を捨ててしまうことさえあると言います。
”妊娠したら猫に触っちゃいけない”って本当でしょうか?
今回はうわさの元トキソプラズマ症についてきちんと勉強してみましょう。


トキソプラズマに感染するとどうなるのか?
〜敵を知り、己を知らば、百戦危うからず〜

 トキソプラズマ症は眼で見ることは出来ない程の大きさの病原体(トキソプラズマ原虫)が原因となる人と動物の両方に感染する病気(人畜共通感染症)です。原虫とは昔小学生の理科の実験で顕微鏡で見たアメーバやゾウリムシと同じで、たった1つの細胞で生きている生物(単細胞生物)の一種です。人を含めた動物に感染すると初期に体内で急激に増えます。


 人でも動物でもトキソプラズマに感染すると1〜2週間以内に血液の中にトキソプラズマに対する“武器”(抗体)が作られます。獣医師やペットショップの店員、あるいは調理師などはほとんど “武器”(抗体)を持っている(抗体陽性)と言われています。一方トキソプラズマは攻撃を受けないように筋肉や脳内に“シェルター” (シスト)を作り、その中で待機するという戦略をとっています。待機中は暴動を起こすことはなく、次のターゲットを「検索」しているのです。


 人や動物が“シェルター”ごと動物の肉を食べるとトキソプラズマに感染してしまいます。肉を十分に加熱すれば“シェルター”ごとトキソプラズマは死滅するため感染する機会は減少します。猫も捕獲したネズミをしっかり焼いて食べることができればトキソプラズマに感染する可能性は少なくなりますが、通常「生」で食べるのでトキソプラズマに感染したネズミを生のまま食べた猫はまた感染源となります。これを裏づけるかのように、人でも生肉を食べる習慣が高い地域ではトキソプラズマ症の発生率が高い言われています。

猫がトキソプラズマ症に感染するとどうなるの?
  大人の猫がトキソプラズマに感染したとしても症状はほとんど出ません。例外もありますが、このように理解しておいても致命的な問題に発展することはありません。発症するとすれば母子免疫が切れる頃の子猫、特に生後1〜2ヶ月齢が多いと言われています。基本的に治療は必要ないことが多く、猫がトキソプラズマに対する“武器”(抗体)を作り勝手に治ることが圧倒的に多いのです。



人がトキソプラズマ症に感染するとどうなるの?
 人がトキソプラズマ症に感染したとしても、免疫がしっかりとした健康体であれば症状が見られないか、見られても軽度です。症状が出たとしても発熱あるいは時にリンパ節が腫れる(10-20%)程度で済みます。しかし免疫の働きが弱まっている人、妊娠している女性あるいは妊娠予定の女性はトキソプラズマ症を防ぐために正しい知識を認識する必要があります。


人への主な感染経路は?
 人がトキソプラズマ症に感染する経路は主に3つあります。しかし、感染経路を正確に理解していれば、過剰に不安を抱く必要はありません。
・トキソプラズマが感染した生肉を食べる(これが最も一般的)
・猫(特に子猫)の“うんち”に含まれるトキソプラズマの卵(オーシスト)を摂取してしまう
・母体から胎児へ入る経路(先天性トキソプラズマ症)

http://www.petjpr.com/

これから妊娠する可能性のある女性へ

  先天性トキソプラズマ症は、妊娠の数ヶ月前あるいは妊娠中に初めてトキソプラズマに母親が感染することによって起こります。先ほど説明したように感染初期にトキソプラズマが体内で増えるので、妊娠中にはじめてトキソプラズマに感染すると、胎盤を通してトキソプラズマが胎児に移行し、流産、死産、水頭症などを引き起こす先天性トキソプラズマ症が発症する可能性があります。


 しかし実際、先天性トキソプラズマ症の発生頻度はかなり稀です。ある統計では先天性トキソプラズマ症の発生率は0.005%程度とも言われています。
なぜなら、多くの猫好きの人は知らないうちにトキソプラズマに感染して、すでにトキソプラズマに対する“武器(抗体)”を持っているからです。この場合先天性トキソプラズマ症を心配する必要はありません。日本人の約20〜26%がトキソプラズマ抗体陽性(過去に感染したことがある)といわれています。また例え妊娠前(6ヶ月以上前)に感染していたとしても、胎児には影響はありません。

逆に過去に感染がなければ血液の中には“武器”(抗体)がありません(抗体陰性)。この場合は少しだけ気をつける必要が出てきます。トキソプラズマ症の発生率が低い影響なのか、トキソプラズマ症の“武器”(抗体)の有無をチェックする検査は妊婦のルーチン検査には組み込まれていません。心配な女性の方は妊娠する前に病院でトキソプラズマの“武器”(抗体)をもっているのかいないのかをチェックしておくとよいかもしれません。

ちなみに男性は検査をする必要はまったくありません。

猫から感染する危険性はどのくらい?

トキソプラズマはほとんどの哺乳類が感染しますが、猫科動物だけが感染源となるトキソプラズマの卵(オーシスト)を排泄します。
猫から人へはこの便中に排泄されたオーシストが人の口から入る経路のみによって感染します。
すべての猫がオーシストを排泄するわけではなく、初感染した猫(ほとんどが子猫)だけで、しかも一生のうちで一定期間(初感染直後から1〜3週間)だけしか排泄します。猫の20〜50%が既にトキソプラズマに感染しているともいわれています。すでに抗体陽性の猫は卵を排泄することはありません。

つまり
・  妊娠初期である
・  トキソプラズマの抗体を持っていない。
・  トキソプラズマに感染したばかりの子猫を飼い始めた。
・  その子猫がオーシストを排泄した。
・  そのオーシストが口に入った。

と実に沢山の低い確率の条件が全てそろわなければ猫から人へのトキソプラズマ感染は起きないのです。

結論として言えることとは?

妊娠していないあなたは、まず心配ありません。
妊娠してもトキソプラズマ抗体陽性のあなたはまず心配ありません。
しかし、トキソプラズマ抗体陰性の妊婦が初感染することは要注意が必要です。
 ただしはじめにも記載したように、一般的な感染ルートは生肉からであり、猫のうんちからの感染ルートは一般的ではありません。

 実際、猫を飼っていても感染率が上がる傾向はみられなかったという報告もあります。発生頻度の少ない病気を心配するより、マリッジブルーやマタニティブルーでナーバスになった気持ちをほぐしてくれる猫のヒーリング効果を期待し、必要以上に猫を遠ざける必要はないのです。

感染しないために気をつけられること

  では、最後に日ごろの生活の中でトキソプラズマに感染しないために気をつけられることをお伝えしましょう。

 「猫のうんちを食べてはいけません! 」「猫の肛門を舐めてはいけません!」



 この2つはあえて挙げる必要もないかもしれませんが、以下の項目については再度確認しておきましょう。
・猫のうんちは毎日片付けましょう!
・  生肉は食べないようにしましょう!
・  生肉を触ったら手を洗いましょう!
・  まな板の肉を扱う面と野菜を扱う面は別にしましょう!
・今まで猫を飼ったことがないのにあえて妊娠初期に購入することは避けたほうがベター
・公園の砂場や趣味のガーデニングで土や砂を触る機会が多い女性はよく手を洗いましょう!

以上に気をつければ過度に感染の心配をする必要はありません。##end猫を捨てないで!!

http://www.petjpr.com/

キーワード

猫 感染 妊娠